居宅介護支援

居宅介護支援とは

ケアプランとは

「住み慣れた家で、過ごしたい」
「もう少し、遠くまで歩けるようになりたい」
「離れて暮らしていた親との同居。準備したいけれど・・」
「退院後は、最期まで家で過ごさせたい」  
介護保険を利用してどんなことができるのか?

…そんな疑問を持ったら、一度お電話ください。
前原ハート居宅介護支援事業所では、
・自転車での移動距離、概ね30分以内の地域訪問
・困りごとや介護への思いに耳を傾け、「その人らしさ」を大切に
・医療機関はじめとする専門職との連携を図ります。
・「抱え込まない介護」「自立支援」・・共に考えます

※現在、3名のケアマネジャーで対応しています。
お問合せ、お待ちしています。

◆ ケアマネージャーとは・・・
「介護保険制度」において、予防または要介護と認定された人が適切な介護サービスを受けられるようにするために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。 ご利用される方々の健康相談、生活相談を受け、医療、福祉を始め生活上の問題に対するサービスをご提案いたします。

◆ ケアプランとは・・・
ケアマネージャーが在宅で介護が必要と認定された方に、ご自身の体の状況や生活の状況、本人やご家族の希望をお伺いして、利用するサービスの種類や内容を定めた「介護サービス計画」のことをいいます。 ケアプランはご自分で作成することもできますが、居宅介護支援事業所に依頼し、ケアマネージャーに作成してもらうことが一般的です。 その場合、全額介護保険給付の対象になりますので、ご利用者様の負担はございません。

▲このページのトップへ戻る

申請からサービスの利用まで

(1)申請書を提出
介護を受ける本人・家族のほか、専門の事業者に申請手続きを依頼することもできます。
※申請は市・区役所または町・村 で受け付けます。
(2)認定調査
市町村の職員など専門の調査員が在宅等を訪問し、心身の状態などについて聞き取り調査を行います。
(3)審査・判定
調査結果や医師の意見書、コンピュータによる一次判定をもとに専門家が公正な立場で、介護の必要性などを審査します。
(4)判定結果の通知
本人または家族に、介護認定の結果、介護の手のかかり具合などをお知らせします。
(原則として申請から30日以内)
(5)介護サービス計画の作成
認定結果に基づき前原ハートの担当員が、本人や家族と相談のうえ、最適な介護プランを作成します。
(プラン作成の費用は利用者またはその家族に負担はありません)

※認定内容は、「要支援状態」と「要介護状態」の2つに大別されます。
また要介護状態は手のかかり具合に応じて5段階に分かれます。 認定内容によって受けられるサービスやサービス利用の限度額が異なります。
 
※要介護と認定されなかった場合など、認定結果に不服があるときは都道府県の「介護保険審査会」に申し立てができます。

▲このページのトップへ戻る

こんな時はご相談を・・・・・・

  • ホームヘルパーを頼みたい
  • 介護の仕方がわからない
  • 介護用品・住宅改修を知りたい
  • 介護者が病院、外出等でお世話ができない
  • 配食、入浴サービスを受けたい
  • 他、介護に関する悩み等

▲このページのトップへ戻る

介護保険で受けられるサービス

介護保険でできるサービス
  • 介護方法の相談、援助
  • ホームヘルパーの派遣
  • 保健福祉、各種サービス紹介と利用
  • 手続きのお手伝い
  • 介護用品、機器等の紹介とアドバイス

▲このページのトップへ戻る

介護支援事業所紹介

【場 所】千葉県船橋市前原東4−21−6
【営業日】月〜土曜日
【営業時間】9:00−17:00
【休業日】日・祝日・年末年始(12/30−1/3)
【介護支援専門員数(ケアマネージャー)】正社員  3名
【相談方法】電話 または来所も可
【電話番号】047−403−5731

▲このページのトップへ戻る

お問い合わせはお気軽に 047-403-5731
  • 事業所案内
  • 求人募集
  • ハートデイカフェ
  • ハートフルランチ
  • twitter